【歴史的円安下での投資信託の選び方】半導体銘柄・インドを解説/日経225のクセ/TOPIXと日経平均の違い/地政学リスクの捉え方法/為替リスクのコントロール法/組入数は絞るべきか【楽天証券・篠田尚子】

▼PIVOTアプリなら広告なし、バックグラウンド再生が可能(無料)
アプリダウンロードはこちら↓
https://app.adjust.com/189d5db1

収録日:2024年4月25日

<目次>
00:00 株価下落は想定の範囲内
09:18 日本株の可能性
24:02 半導体関連銘柄の投資信託
35:11 インド株の割高感が出てきた理由
43:09 円安時代の投資信託の選び方

<ゲスト>
篠田尚子|楽天証券資産づくり研究所 ファンドアナリスト
慶應義塾大学卒業後、国内銀行を経て2006年ロイター・ジャパン入社。傘下の投信評価機関リッパーにて、業界分析レポートの執筆や投資信託の評価分析業務などの業務に従事し、ファンドアナリストとしての基礎を磨く。2013年の楽天証券経済研究所入所後も、日本で数少ない投資信託の専門家として、投資信託の評価分析業務のほか、幅広い年齢層を対象とした資産形成セミナーの講師も務めるなど、投資教育にも積極的に取り組む。

▼関連動画
前編:https://youtu.be/yvzqYpYgEdg
後編:https://youtu.be/Hbp0ig1oxFs

前編:https://youtu.be/DEIpHNTkesc
後編:https://youtu.be/JU7C2E6O278

▼これまでの『PIVOT MONEY』はこちらから

▼これまでの『MONEY SKILL SET』はこちらから

▼これまでの『MONEY SKILL SET Extra』はこちらから

#pivot #国山ハセン #S&P500 #新NISA #篠田尚子 #楽天証券 #投資 #株 #米国株 #投資信託 #アクティブファンド #インデックスファンド #為替 #金利 #money

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
1日10分からできる!節約・副業でお小遣い稼ぎ!ポイ活ならモッピー