『ドラゴンクエストスキャンバトラーズ』ゲーム概要と日記2018.11.18

こんばんわ、最近よくゲームセンターへ行く機会があります。
というのも子供が最近突然このゲームにはまったからです。

www.dragonquest.jp

ざっくり言うとQRコードがついたモンスターや装備カードを収集しながら、ドラクエバトルを楽しむゲームなんですが、カードの出目に一喜一憂する息子の様はまるでGODでチャンス目ガセ見てドキッとしたり、『左を押して下さい』と出た画面を見て周りの目も気にせずガッツポーズしたりする辺り、パチンコ屋にいるおっさんそのもの。

さすが、2か月前の自分の姿やし詳しいね♪

辞めたので、今は何とでも語れます。
という訳でただ単に横についてるだけじゃ面白くないので、子供の許可は一切取らずに勝手にプレイ日記をつけていきたいと思います。

ゲーム概要

プレイ方式

先ず、ゲームはワンプレイ100円です。プレイは基本ワンバトル完結型(たまに延長戦あり)ですが、プレイ記録を残すことが出来、その記録こそカードという訳です。
カードの読み込み方式は各カードにQRコードが付与されていてそのコードを読み込む事で次回プレイに獲得したカード内容を反映させて次回プレイを行う事が可能になるという訳です。

基本ガチャゲーやけどカード手元に残るだけいいかもしれないね★

カードの種別と1プレイ使用枚数

カードの種類は大別して5種。装備(武器、鎧、盾)、モンスター(一度に3体まで使用可能)あとスペシャルスキャンカード。装備とモンスターは開始時に使用するカードを選択して読み込み、プレイを開始します。スペシャルスキャンカードは後述します。

ワンプレイ一連の流れ

まず100円を投入します。はじめからと続きからを選択。はじめからを選択するのは初回のみ、2回目以降は保有カードを使用するので、続きからを選択する事になると思います。(細かな初期プレイ概要はwikiなり公式HPなり見た方が詳しいのでこの際割愛します。)

キャンペーンなどを含め、数種類あるバトルから一つを選択。これはバトルを行う相手を選ぶものと考えて貰えば差し支えないです。

選択したらバトル開始!!

ではなく、今回のバトルで使用する装備とモンスターを読み込みます。これでいよいよ開始です。

f:id:aoi0730kanon0930:20181119003247j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181119003251j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181119003254j:plain

一番の見せ場はスペシャルスキャン

バトルは3ターンの攻防形式で、攻撃したり敵の攻撃を防御したりします。これらは全て二つのボタンを連打したり、タイミングを計ってボタンを押したりして行います。
1ターン毎にスペシャルスキャンに使うポイントが貯まり、任意のタイミングで発動させるのがスペシャルスキャンです。
ゲーム中の必殺技に相当するのが、このスペシャルスキャンカードの使用です。
1ターン経過するごとに貯まるスペシャルスキャンのポイントを1~3消費する事で発動させる必殺技。観衆の目が一番集まる場面にうちの子の射幸心はマックスに高まり、僕は反比例して場違い感に際悩まれるという訳です。

プレイ風景

このゲームはゲーム素材がドラクエ、操作は中央にあるスキャナー、左右にボタンが一つずつ。ゲーム中はこの二つのボタンを連打、または押すタイミングを図るというシンプルな操作性から、老若男女に人気があるようで、先着プレイヤーがいる時は実に様々な人に出くわすけど、基本年少者が多く、主の様に振舞い、100円玉をうず高く積み上げる成人男性のコアプレイヤーがいる、そんな感じです。
その為、メインプレイヤーは未就学児~小学生、実質的な良顧客は成人男性と思料します。
つまり、プレイ中及び待ち時間はすべからくこれら年齢の子達に囲まれる事になります。別にいいんですが、ちょっと恥ずかしいです

いつも必死に保護者感出してるもんね★

自分でプレイしている訳でもないので、場に馴染んでない感がますます際立つんですよね。
たまにコミュニケーションも発生したりします。うちの子は結構引きが強いらしく持ってる手札を誉められたり、歓声が上がったり(ここら辺は田舎なんでプレイ人口の少なさからくるレアカード保有率も関係していると思います。)します。そしてそれらはプレイに夢中なうちの子ではなく僕に来ます。プレイしていないので、凄さが全くわからないんですが。

そして、年少者が殆どなので順番を待ってればしっかりと交代してくれるし、こちらのプレイ中は後ろで待っていてくれるんですが、距離が近い
台に座るうちの子に後ろから抱き着こうかと言わんばかりの距離でガン見する姿はまるで、GOD中にGODが揃った隣の台を見る僕を見ているよう。

人の振り見てやっと自分の姿ってわかるもんですね♪

もう引退しました、もう、多分。

本日の結果

1プレイ後のいわばご褒美として、カードが一枚付与されます。3枚のカード候補が(おそらく純粋倍率)で提示され、それとは別にプレイヤーレベルアップを選択する事が出来、1プレイは完結します。カードのレアリティは★1~5の5種類。
その登場前の演出には群予告、金色モンスター予告などやはり連想されるのは魚群予告や、マリンちゃん登場。その登場に一喜一憂している子供の姿が自分と被るのは親子という事かも。演出発生時には既に排出カードが決まってるんですが。
今回のカードはこれでした。
5段階中最上級の超ギガレアに属するものでした。

f:id:aoi0730kanon0930:20181119011438j:plain
後ろの子供たちから悲鳴と歓声が溢れます。
今回は同じような立場の人に出くわしました、つまり子供の同伴者です。概ね同じような立ち位置らしくそういった方々とは、目で会話が出来るようになります。
『すごいんですかこれ?』
『全然わかんないです。』

言葉を要せず妙な連帯感が生まれます。

まとめ

現在うちの子のレベルは『戦士レベル40』です。
僕としても『スキャンバトラーズしたかったら(ry』とバーター取引の材料に使っている手前しばらくこのゲームとのお付き合いは続きそうです。
プレイ層が僕と30歳くらい離れていて僕自身がプレイする機会はなさそうですが、見ている分には楽しいです。ドラクエ世代なんで出てくるモンスターに馴染みもあるし。
出来れば初めから記録できればよかったんですが、次回以降色々と備忘録込みでアップしていこうと思います。