好きな日本酒を順番に♪その他

日本酒は好きですか?
僕は好きです、今も飲んでますし。
理由は勿論美味しいから、、なんですが、もう一つ
大事な理由があります、それは値段。
そうです、ピンからキリまであって、もちろん例外は
あるものの、キリのものは~1,000円で十分買える一方
いい品物でも精々3,000円~4,000円も出せば選び放題です。
(一升で購入した時のお話です。)
北は北海道、南は九州まで酒処があって、それこそ一生
かけて、日本酒探訪を重ねたとしても多分踏破する事は
出来ないでしょう。。
では、どれがおいしいか(基本的に美味しくないものは
ないんですがw)最近は日本酒ブーム?らしく日本酒専
門のバーなんかも出来たりして、ぷらぷらと出入りし
ながら、より良い一杯を探したりしている今日この頃です。
で、是非味わってほしいと思える珠玉の一品を順番に
紹介していきたいと思います。
『たかちよ』


wrap:break-word">

新潟は魚沼の酒造メーカー『高千代酒造』自信の一品です。
薄い白濁した清酒とは違う『おりがらみ』。
この白いの、醪(もろみ)といって、日本酒を作る過程で
残るいわば不純物なんですが、これが日本酒の甘味の元に
なるそうです。
f:id:aoi0730kanon0930:20180301004043j:plain
濁り酒より薄いけど白いですよね?
ちなみに、これはピンクのラベル。
だから、この不純物を精製過程でろ過して、透明で綺麗な
日本酒(澄んだ清酒)になる訳です。
※現在の酒税法上はアルコール度数22度未満の日本酒を
 『清酒』呼ぶそうですが、便宜上ここでは澄んだ清酒
 呼びますねw
つまり、日本酒を作る過程で『こす』荒さで
にごり⇒おりがらみ⇒澄んだ清酒
と変わっていくわけです。
他方上述の通りこの白濁が『澱(おり)』で、不純物とは
言いましたが、甘味の元になる部分。(これが固まった物
が酒かすになります。)
だから、甘さも上と同じく
にごり>おりがらみ>澄んだ清酒
となる訳です。

一口飲めば広がる芳醇な香り、フルーツ+日本酒+少しの炭酸。
飲んだ感想を一言にまとめればこんな感じです。
スパークリングの日本酒ってありますよね?飲み口が柔らかい
のとすっきり飲めるのが特徴であり長所ですが、あれに強い
香りと深い味わいをプラスした、そんな感じでしょうか。
飲みやすいけど飲みごたえがあるので、男性にも女性にも
受け入れられやすい一杯です。

またこのお酒、フルーツの部分にバリエーションがあって
それぞれに違った味を楽しめるのもファンを飽きさせないのも
特徴の一つです。

一番上で紹介した青ラベル。

グレープフルーツです。柑橘系のすっきりさと微炭酸が
口の中に残りがちな甘さを洗い流してくれます。
個人的には飲みやすくて一番好きです。

ピンクラベル。

味わいとしては上の青より心持ち甘さが強調された感じ。
イメージとしては桃ですね、甘さの分だけ飲みごたえが
プラスされた感じですね。

他にも緑ラベル


こちらも柑橘系ですね、心持ち青の爽やかさを 酸っぱさに変えた感じ。 塩辛とかへしことかに合わせたい味わいです。 f:id:aoi0730kanon0930:20180301201022j:plain f:id:aoi0730kanon0930:20180301202330j:plain さて、ひとしきり飲むのは楽しいですが、 切っても切り離せないのが二日酔い。。 10年前から愛用してるのがこれです。

沖縄旅行に行って泡盛しこたま飲んだ 時に居酒屋の兄ちゃんに紹介して もらい、以来飲み会の前には必ず服用 しています。 飲んだ次の日は二日酔い率0。 普通のどころか次の日朝も早よから海 潜れるくらい元気だったので全く残って 無かったんだと思います。 (若干胃が荒れて気持ち悪いですがw) 感覚としてはウコン凝縮した錠剤なので ドリンクなんかを服用している方は こちらを是非一度試してみて下さい。