U-nextおすすめ:ダイの大冒険(2020年版)

昔の週刊少年ジャンプ購読者なら割と誰でもご存じのダイの大冒険。1991年にアニメ化された作品ですが、ビジュアルを新たに現在また放送中なのはご存じでしょうか。

dq-dai.com

ダイの大冒険概要

  • 原作者:三条陸
  • 作画 :稲田浩司
  • 出版社:集英社
  • 掲載誌:週刊少年ジャンプ
  • 連載時期:1989年第45号 - 1996年第52号
  • コミックス:全37巻(文庫版22巻、新装採録版20巻続刊中)
  • アニメ: 1991年10月17日 - 1992年9月24日
  • アニメ新装版:2020年10月3日~

 コミックスの連載終了から既に25年経過している訳ですが、文庫版、そして現在も放映中のリマスター版も含め、幾度となくメディア化されている辺り人気の高さが窺えます。

おすすめポイント

懐かしさと真新しさ・なじみやすい世界観

まず見て思う事、それは恐らく懐かしい、その一言に尽きるでしょう。連載中に各媒体に触れていた人は勿論、ドラゴンクエストだけ知っている人も作中に登場するメラなどの魔法など設定や、世界観は共通している為抵抗なく物語に没入することが出来るかと思います。更に旧作をご存じの方には嬉しい点ですが、一部変更はあるものの主要キャラの声優陣は概ね同じというところも懐かしく感じられる重要なポイント。
一方で真新しい点としては絵がガラッと綺麗に一新されています。並べてみると一目瞭然。

f:id:aoi0730kanon0930:20210509182655j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210509182659p:plain

まあ前作から30年の時を挟んでいる訳ですから当然といえば当然ですが、知っているストーリーと同じ声とキャラクターなのにBGMや絵が変更されている、真新しい物語を楽しむことが出来ます。

テンポアップしたストーリー

前作より明確に改善された点がストーリーのテンポ。旧作は全46話で構成されているのに対し、2021年5月1日放送分が第30話ですが既に新装版は24,25話辺りで旧作を追い抜いていて、これだけでもサクサクとストーリーが展開している事がわかるかと思います。

DRAGON QUEST -ダイの大冒険- - Wikipedia

これは旧作アニメが連載に合わせて放送されていたことによるところが大きく、僕自身旧作を見ていた際、原作に追いついてしまいそうになるところで間延びした戦闘シーンにヤキモキした思い出があります。今作についてはいい意味でそういった部分が全て割愛されていて、ストレスなくストーリーが進んでいくのを感じることと思います。

どこまでやるのか?が気になるところ

恐らく原作ファンなら誰もが気にしているところでしょう。
旧作では46話でコミックス全37巻中10巻で無理やり完結させたようなストーリーになっていました。現在は11巻に差し掛かろうかというところで、連載が終了している以上物語としては当然完結している訳で、あとは制作側のどこまで作る予定なのか次第といったところにはなってくるものの、個人的には是非最後のエンディングまで迎えてほしいと思いつつ、いつ終わるのか、それを気にかけながら一話一話を見るのも楽しみの一つといえます。

ダイの大冒険見るならU-NEXT

ダイの大冒険見るならやっぱりU-NEXT。これだけ人気のアニメなので、VOD各社取り扱いがあるんですが、31日のお試し期間がついてくるので、その間に一気見がお得。その間に気になる番組はストックしておいて、気に入るのがなければ忘れずに解約すれば実質無料で楽しむことが出来ます。

番組数とジャンルが他のVODと比べて格段に多いので、お父さんはアクション映画、奥さんは海外ドラマ、お子さんはアニメなど一つのVOD加入でみんなのニーズへいっぺんに答えてくれるところもU-NEXTの魅力の一つと言えます。