お釣りで投資?トラノコ

 

投資って聞いて何を思い浮かべます?株、投資信託、土地・建物の運用や最近流行りの仮想通貨なんかも(本来は違うんでしょうけど)投資と呼べる範疇ではないでしょうか。

そして一様にまず思い浮かべるのは
金持ちがするもんやろ??

この先入観めっちゃ多いですw確かに上場株を取引するには一部の破たん寸前の株なんかは例外として、10万円位だして好きな銘柄は買えず、買えるものを買う。
相場としてはこんな感じでしょうか。でも10万円です、たばこと酒とおねーちゃんのお店行くのを、半年我慢したらまあ貯まる金額です。まして貯蓄をある程度回せばできん事はないんです。

 心の洗濯は大事やないか!!

仰る通り。ではこれが5万円なら?お小遣い月1万円何とか貯金に回し、5か月分貯めてFXという方法もあります。でも結構リスクも伴います。(詳しくはこちらに掲載してます。)

では、5円なら?まあ出せない人はいないですよね?まさに今回紹介するのがそんな5円から始める事が出来る新しい形の投資です。

1.5円から始める投資って?

消費税が8%のせいで、買い物をするとまず1円単位でおつりが出ていきますよね?ちりも積もれば・・・の通り、この1円、10円の節約が家計のやりくりで大事になってくるところでもあるんですが、この1円、10円をこつこつと投資に回すことが出来ます。

f:id:aoi0730kanon0930:20180402004144j:plain

ペットボトル貯金をしたことありますか?僕も以前していた経験があります。
一日外に出てます、買い物をします、おつりを貰います、これをペットボトルに入れて貯金します。感覚としてはこれとまったく同じことをします。

例えば200円でコーヒー128円を買いました。おつりは?72円です。これで投資します。

( ゚д゚)は?72円で投資?

これを形にしたのがこのトラノコです。今回例示したのが72円でしたが、最小単位5円から投資に回すことが可能です。まとまったお金は貯めるのが大変ですが、おつりを都度都度ペットボトルに入れるように投資に回す、それが発想のコンセプトですね。

f:id:aoi0730kanon0930:20180403001054j:plain

2.お釣でどうやって投資するの?

まあこれだけ言われても意味が分からないですよねwお釣が投資に回るまでは以下の2パターン。

(1)クレジットカード・電子マネーの買い物履歴から

僕自身そんなマメやないです。
仮に全て自分でやるとしたら。。。
自分のお買い物データを一々打ち込んで、今日の買い物のお釣を計算して
よし、今日のお釣は16円やからこれを投資しよう
こんなんたぶん誰もやりません。そのマメさがあればもっといろんな形で投資が出来ているはずです。

僕が秀逸と感じる点の一つとして、クレジットカードと電子マネーICOCAとかWAONとか)の買い物履歴からお釣情報を読み取る事です。

f:id:aoi0730kanon0930:20180403004822p:plain

このサービスは会員になった人がトラノコと提携しているサービス利用時に、お金を使った履歴を取得して、買い物の履歴からお釣を算定。

で、そのお釣を投資金額として投資運用口座へ移し替えてくれるというものです。これなら自分で纏まったお金を用意することも、投資金額を計算する必要もありません。

f:id:aoi0730kanon0930:20180403004928p:plain

投資に回しすぎてわしのお小遣いなくなってしもたわ!!

とならないように、一か月あたりの投資へ回す上限金額も設定できますし、一日の買い物を振り返り『このお釣は投資に回しますか?』と投資に回す金額のコントロールも可能です。

f:id:aoi0730kanon0930:20180403005144p:plain

つまり、ちりも積もれば。。。ではないですが、無理なく無駄なく且つ、いわば勝手に投資が出来てしまうのがこのトラノコです。

(2)ポイントキャッシュで投資

これ考えた人はぽんぽんアイデアが浮かんでくるタイプなんでしょうかねwもう一つの投資の元出を用意する方法がポイントを充当する方法です。

これも要領はほぼ同じです。各社のポイント獲得履歴を連携し、このポイントで買い物をするように、トラノコ投資に回すんです。当然、こっちは一切お金は減りませんw

僕もポイント集め自体は好きなんで、某ネットショッピングサイトでよく買い回りしたりするんですが、結局何か物を買わないとポイントは使えません。また、有効期限があるので、ついつい出し惜しみや、失効期限内に都合よく欲しいものが見つからず。。
そうこうしている内に失効してしまう事もしばしば。。

なら、投資に回してしまって、将来増えたお金をまとまって出せばポイントを一切毀損する事無く換金する事も可能にしてしまいます。

3.投資の種類について

投資なので増える事もあれば減る事もあります。
それはどうしても避けようのない事です。

細かい事は抜きにして、主観的に投資リスクを種類別に書いていくとこんな感じ。

仮想通貨>外為FX>株式>投資信託分散投資(ファンドラップなど)

投資と呼ばれるものはリスク=リターン(手数料等の分だけ少しリスクの方がどうしても大きくはなるんですが)を同額のものと考えれば、今回のトラノコはこの範疇でいう分散投資に該当します。

家計の端数を投資に回す、いわば生活費の延長に存在するものを元手にする、そういう意味ではリターンも少ない代わりにリスクも少ない安全性重視の投資手法と言えます。

その安全投資の中とはいえ、リターンを追求する、リスクを極力抑えるなど、3パターンを選択する事が可能です。

f:id:aoi0730kanon0930:20180403002502p:plain

上表でいう大トラ>中トラ>小トラの順にリスク&リターンが推移するイメージでとらえて頂ければ差し支えないです。

4.報酬・手数料

投資って全部そうですが、基本手数料がかかります。
また今回のように、運用方法を自分で決めず委託するものについては別途運用を委託している事にかかる運用報酬(投資信託でいう信託報酬です)も発生します。

まあ人なりロボットなりが運用を一生懸命考える以上、そこに報酬が発生するのはある意味当然だと考えざるを得ません。

f:id:aoi0730kanon0930:20180403010628p:plain

一瞥して、月額利用料と出金手数料が少し高めかな?というのが正直な印象です。
というのも、この投資は少額から始められる、が売りな訳ですが、仮に10,000円ずつの投資を前提とした場合、初月の利用料は投資額の3%、上手い事増えてくれれば問題ないのですが、投資である以上、望むリターンが得られない可能性も考慮しなければなりません。

そこは、運営会社も考慮してくれているみたいで、会員登録から3か月間はこの二つの手数料は無料。であれば、当初3%だった手数料は、実際に差し引かれる段階では
10,000円×4ヶ月/300円=1.33%これなら妥当な金額かなという印象を受けます。
実際には口座開設から登録完了までは利用料はかからないそうで、実際の無料期間は3ヶ月より長い時間になろうかと思います。
↓運営会社発信の説明図

f:id:aoi0730kanon0930:20180403123933j:plain

この300円を高いとみるか安いとみるかですが、投資信託でいう信託報酬が0.3%に抑えられている点を考慮すれば、投資金額が年を追うごとに大きくなってくれば来るほど、お得な投資になっていくかと思います。

5.まとめ

インフレって名前はよく聞きますよね?何だか景気が良い事の代名詞のように言われますが、物の価値が日ごとに上がり、生活を圧迫する事だけを捉えればいいことばっかりやないです。

そもそもインフレは企業の業績拡大を前提にしています。インフレすればモノの値段が上がる、値上がりすれば売り上げが増える、増えれば業績が拡大し、拡大すれば雇用が促進され、また、既存従業員の給与も増える、こんなサイクルを前提にしています。

サイクルを見ただけでわかる通り、各個人でいえば給与が増えて自分自身の景気が良くなるのは一番最後です。上がりますかね?

f:id:aoi0730kanon0930:20180404000900j:plain

給与が上がる、上がらないは本人の努力や、所属する団体に寄りけりと思いますが、たとえ増えたとしても、そのお金をただ、預金通帳に入れているだけではお金は今や全く増えてくれません。
どころか2,3回ATMで入出金を繰り返せばその時点で2,3年分の利息に相当するATM利用料を取られる、いわば預けていれば損するだけの時代と言っても過言ではありません。この状況に閉塞感を感じるのは僕だけでしょうか??

それに対する一つの回答は『自分で運用して増やしてね~』と言われているものと僕は考えます。
物価は上がるけど、黙っていてもお金は増えない、じゃあ自分で増やす努力をするしかない。ある意味当たり前、ある種悔しさすら感じますけど、今ってそういう時代なんですよね。

一概に投資を肯定する訳ではないですが(元本が減るリスクもある訳ですし)ただ、何も考えず預金通帳にお金を入れておく時代は終わったのかなというのが僕の素直な気持ちです。

文中で紹介した通り、この投資はリスクもリターンも比較的少ないため、大きく増える事は期待できない代わりに、投資に対する恐怖心も抱かずに、気軽に始めれるものと思います。なので、投資未経験の方は特に『投資ってどんなもんなんやろ??』を実感する意味でも丁度いいポジションのものかなと思います。