今月のビアードパパ2019.2

こんにちわ、今年ももう2月ですね。年初に決めた豊富へ向けたスタートは上々ですか。僕は全く何も進展がないまま一月が過ぎてしまった印象です、忙しいとか何とか言ってても時の流れだけは待ってくれないので、言い訳してないでやれって事ですね。
さて、数少ない毎月初恒例で続けているイベント(楽しみ)である今月のビアードパパですが、今回行くまでもなくコンセプトはわかっておりました。
というかお菓子買う上で2月の期間限定だけは何となく想像がつくのでは。

f:id:aoi0730kanon0930:20190203110318p:plain

今月のビアードパパ

先月のチーズケーキはちょっと意外だったものの、今月は当たってても外れていても大抵の人が想起する味は一つしかないのでは。f:id:aoi0730kanon0930:20190203110604j:plainそう、チョコレートです。2月はすっかり定着してしまったイベント・バレンタインがありますからね。そんなイベント消えてしまえばいいのに

そこ、ひがまへんの!

昔から無縁なので必要性を感じたことがないってだけです。

まあ無縁とは言え、甘いものは昔から好きなのでこの時期はなんだか心が上がります。
自分用チョコを偽装チョコ(バレンタインさも貰ったかのようにふるまう為のチョコ)と解釈されないように平静を保つ事が重要な訳ですが。

他人はあなたが思ってるほどあなたの事を気に掛けてません☆

要は気にかけているか、ではなく馬鹿にされていたら、という心からくる話なのでどうしようもありません。

フォルム・味

既婚者になってしまえばこういうイベント事でモテヒエラルキーの下層級に位置されている事をそもそも気にしなくてよくなるのは唯一の利点かもしれません。

しつこい☆

本題の今月の期間限定シューです。『焼きシュー』という事で少し違和感を感じていましたが、それが何かわかりませんでしたが、家帰って開けてみるとそれは氷解します。f:id:aoi0730kanon0930:20190203111625j:plain
シューがない?
いや、あります。でないとクリームダダ洩れになりますから。

どっちやねん!!

ビアードパパを食べたことがある方はご存知の通り、このお店クリームも勿論ですが、シューにもこだわりがあって、パイとクッキーの2種類が用意されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20190203112132j:plain

画像は先月のものですが

これが、今月には当然パイもクッキーもなく今回はチョコオンリー。クッキーとパリブレストは、チョココーティングがなくなったバージョンが別に用意されていました。
要は今月の期間限定シューは一択という事ですね。

中はこんな感じ。ざくっ・とろっのフレーズの通りですね、外側はクランキーチョコのようになっていて、食感が楽しくて香ばしい。中のチョコレートは内外が両方チョコなので、甘さ控えめのビターな感じ。

f:id:aoi0730kanon0930:20190203112433j:plain

一つ希望が出せるとすれば個人的に外がチョコで中が生クリームバージョンもあれば言う事なかったんですが、素人が言うても仕方のない事です。

まとめ

ザクザクした食感は、あの昔からあるチョコレート菓子のあれをちょっと高級にした感じで、素直に美味しかったです。
因みに先月紹介した苺シューは今月も持越しです、苺の香りも味もクリームもたっぷりのこれはかなり美味しかったんで今月はこっちと両方買うのがお勧め。

f:id:aoi0730kanon0930:20190203114819j:plain