異世界居酒屋

先日ご紹介した井の頭五郎(俳優:松重豊)が方々で色んな美味しいものを食べて回る孤独のグルメというドラマがあります。

www.aoimen.net

コアな人気で漫画よりもドラマの方がむしろ知名度が高そうなこのドラマですが、個人的にアニメ版孤独のグルメのように勝手に考えているアニメ、それが今回ご紹介する異世界居酒屋です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210706002559j:plain

作品概要

   出版社:宝島社(宝島文庫)

   巻 数:既刊6巻(単行本・文庫本)

  • 漫  画

   出版社:KADOKAWA

   掲載誌:ヤングエース

  •  アニメ:全24話( 2018年4月13日 - 2018年9月14日)
  •  ドラマ:全10話(2020年5月~7月)

色んなメディア放映されていますが、発信の大元はいわゆるライトノベル。その後、漫画、アニメ、WOWOW限定ですが実写ドラマにまでなった大人気の作品です。

あらすじ

大将『矢澤信之』と『千家しのぶ』が営む京都の居酒屋のぶ。料理はおいしいけれど、特に特徴があるというほどでもない居酒屋さん、のはずだったこのお店は『入口と異世界が繋がってしまった』どこにも負けないような個性を手に入れてしまったお店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210706002916j:plain

なので、お店を訪れるお客さんは全員異世界人、流石に人間以外のお客さんというのはいませんが、異世界の人たちにとって唯一無二のお店と味を求めてにぎわいを見せるお店で料理を通したドラマが展開されるというもの。

f:id:aoi0730kanon0930:20210706003057j:plain

ラノベって設定に凝ったものからあんまり考えていないものまで色々ですが、この作品は間違いなく後者。かと言ってそれは別に作品の短所でなく気軽に楽しめるライトな感覚演出の一要素になっているともいえます。 

おすすめポイント

誰もが憧れる異世界+京都路地裏の居酒屋

僕自身もそうなんですが、異世界シリーズというのはやっぱり夢があるようで、ゲームの中ではおなじみやけど現実とは決してつながっていない、近いけど遠いそんな世界を舞台にした物語に対する憧れというのは必然と言えるのかもしれません。

f:id:aoi0730kanon0930:20210706003804j:plain

中年以上には設定についていくのすら抵抗があるかもしれません、シナリオもちょっと粗い部分や、シナリオが全て店内であるが故のマンネリした展開、別に異世界関係なくない?なんて場面もちらほら。でもこれはこれでいいんです、これはそんな細かい一個一個の設定にこだわってみるような類の作品ではありません、ゆったりまったりとした異世界の住人を招いた居酒屋さんの日常と食事シーンを見物するドラマなのです。

異世界でも出される料理はそのまんま和食居酒屋

ここは異世界、なので現代の京都、当然提供される食べ物、飲み物になじみがあろうはずもありません。ですが美味しさは共通、『生ビール=トリアエズナマ』と言った具合にわざとやろっていう間違った伝わり方をしているものも含めて色んな居酒屋メニューが登場します。

f:id:aoi0730kanon0930:20210706004038j:plain

食べている人が異世界の人というほかは、出てくるメニュー自体は割と定番のものばかりなのに、超美味しそう。ただのから揚げ一つとっても食べる人たちにとってはそれは未知の超絶美味しいグルメ、それをものすごく美味しそうに食べる様は正に飯テロという言葉がぴったり。

のぶ+で紹介される料理はもう別物

各話巻末に収録されているのがのぶプラス。作中に登場した料理のアレンジレシピを紹介するコーナーと、居酒屋を巡り歩くショートコーナーが交互に登場します。
特にアレンジレシピで登場するのはアレンジではなく作中とは別の料理。再現レシピをやっていても面白味に欠けるという事だろうと思いますが、もはや作中の料理は全く出てこない回もあって、別の番組と言われても違和感のない仕上がりになっています。
まあでも、料理を二度見れるという意味ではこれはこれでありです。

f:id:aoi0730kanon0930:20210706004103j:plain

異世界居酒屋が見られるのは

異世界居酒屋が見られるのはU-NEXT、Hulu、dアニメストアと言ったあたり。
ジャンルによる違いはありますが、ざっくりとした説明としては配信作品数と月額利用料は理屈から言っても比例関係になります。

U-NEXT>Hulu>dアニメストア

ですが、結局配信数が多いからと言って自分がそれだけサービスを多用するか、また値段が安価と言っても膨大な量の作品を見ることが可能なので一番自分に合ったサービスって結局、自分で選ぶほかありません。
そこらへん各社もわかっていて、どんな感じなのかわからないと選びようがないのと、そこらへんは各社とも一定期間設けているお試し期間をフル活用、その後自分に合ったサービスとだけ契約しなおすのもあり、何なら各社の期間を渡り歩けば見たいものを全部見終わり、どことも契約せずに見たいものを見切る事すら出来るかも知れません。
お試し登録は本当に手軽にできるので、見てみたいものがある場合には迷わずとりあえず登録、その後どうするか考える、そんな感じでも十分スケジュール的には問題ありません。ついでに言うと無料期間中の解約も(思っていたよりずっと)簡単に出来るので、スケジュール管理だけ気を付ければ気軽にお付き合いできるとても便利なものです。